掃き溜めと鶴

依頼されて作りました鶴の紙人形です。

 

作業をしていると机の上のみならず

あらゆるスペースが材料やら道具やらゴミくずやら

いろんなもので埋まっていってしまいます。

 

いろんなものが手に届くところにある、という利点と

肝心なときに必要なものが見つからない、という欠点と

どっちを大事にしたもんかな、というジレンマです…

 

こういう作る系の仕事に限らず、

モノが増えていく、ということは

生きていれば自然とそうなる宿命みたいなものなんだろうけど、

それに抗ってなるべくシンプルに生きていきたい

鶴のひとりごと。