骨格たるもの

今日は一日舞台の骨組みと格闘。

 

枠を作るだけなら、実はたいして手間はかかりません。

手間取るのは、

いかに小さく畳めて軽くするか、とか

いかに組み立てやすく片付けやすくするか、とか

いろんな仕掛けをつけられるようにする、とかの工夫をすることで、

今すぐに必要にならないことだったりします。

 

けどこれらを適当にしてしまうと、

「何でこんな使いにくいものをつくったんだ…」と

必ず後悔することになるという経験則。