【12月 大阪での公演のご案内】

 

箕面おやこで鑑賞ひろげ隊ぽんぽんさんが
月1回開催なさっているファミリー広場で
去年度に続き今年度もたくたく堂の親子ふれあい人形劇
上演させていただきます!!

『お・お・き・く・な・あ・れ!』より
「のこのこいもむし」と「なないろたこのななちゃん」

上演後、劇に出てきたいもむし人形をつくってあそぶ
つくってあそぼうも開催!!

ちいさいおともだち、うろうろしても声が出てもだいじょうぶ。
家族で楽しく見てくださいね。

センター内で授乳もおむつ替えもできます。
上演後はいつもの絵本やおもちゃのコーナーも。
飲食も可能です。

劇を見た後、劇の余韻そのままに
ご家族でのんびりゆったりお過ごしくださいませ。

============

日時:12月16日(日) 11:00~12:00
場所:みのお市民活動センター 
  みのおキューズモール WEST1(映画館向かい)
参加費:大人1,000円 子ども500円(1歳以上)

お問い合せ:
みのお市民活動センター TEL:072-720-3386 

ある日の公演より

ここのところ印象深い公演が続いてます。

観る前交流会にも取り組んで下さった上田こども劇場さんでの例会。

なが~いバルーンの『にょろん』が出てきたら
子どもたちが、丸座布団をうちわ代わりに風を起こしながら
『にょろん』についてきて。
そんな様子ににょろんを操るたくさんが「今日は風が強いなぁ」。
その一言に大人のみなさん大笑い。

ももちゃんが坂道でゴロゴロできたら
両手を挙げてバンザイして一緒に喜んでくれた子が。
そんな小さな人の様子に周りのみんながニンマリ。

3歳の男の子、彼にとって笑いのツボがいっぱいだったようで
あの場面でもこの場面でも大うけ。
隣のお母さんが驚くくらいの大笑い。

そんな笑い声響くにぎやかな中
9か月のYちゃん、とっても良く見てくれて
ニコニコで人形劇デビュー。

集団生活がしんどくて、いつもみんなに迷惑かけちゃってと
上演中、時折厳しい顔で心配気にお子さんを見つめていたお母さん。
そんなお母さんと上演後におはなし。
登場人物に寄り添って、時に同化して
自分の心の感じるままに素直に表現できる
Aちゃんの在り方ってすごいよって。
「劇場だからいいのよー。大丈夫。」
って声をかける先輩母さんもいらっしゃって
Aちゃんのお母さんが柔らかい表情に。
Aちゃん親子が劇場に出会って良かったなぁって。

上田子ども劇場さんのブログより↓
http://kogeki.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-2e87.html


【冬に公演させていただくぽんぽんファミリーひろばへ】

 

3連休の最終日は箕面おやこで鑑賞ひろげ隊ぽんぽんさんとみのお市民活動センターさんが開催している「ぽんぽんファミリーひろば」さんへ。

行きたいと思いつつ土日は公演が入ってることも多くって、やっと参加。

部屋に入ると・・・
子どもたちは、思い思いにあそんでいて
おしゃべりの声もあるし、大胆なあそび・動きをする子もいるし
でも、そこで感じたのはおだやかな空気。

大学生の絵本読み聞かせ団体:はぐみんさんのおはなし会も、
とても優しくてあったかくて子どもも大人もやわらかい表情に。
癒されました。

たくさんと一緒に絵本を見ている娘さんの様子を眺めながら
子どもとこんなにはなれてゆったりできたのは初めてです
とお話してくださったお母さんもいらして。
子どもが小さい時は出かけることもエネルギーがいるし
二人っきりになりがちな子育て
よその大人や姉妹でないお姉ちゃんと遊ぶ時間
子どもはもちろん、お父さんお母さんにも必要なんだなぁ。

冬にこの新しいぽんぽんでの公演のお話をいただいてます。
この空気感を先に味わえておけて良かった。

この空気感を大切に人形劇を届ける在り方探らなくっちゃね。
しずかなワクワク。

 

【たくたく堂さんと遊ぼう!~主催者さまのページより】

未就園児の親子さんが集うピッピの会の様子
主催者さんが写真付きでレポートにしてくださいました。

主催者さまのFBよりシェア。写真もいただきました。
=================
たくたく堂さんと遊ぼう!
今日はピッピにたくたく堂のたくさんとあみさんが遊びに来てくれました。
ぬいぐるみがでてきて
早速遊び開始!
一緒にエビカニクスも踊りました。
途中太鼓が出てきて子ども達のテンション一気にアップ↑↑
みんなめーいっぱい叩いて遊びました。
紙コップ人形をみんなで作って遊んだり。
四角い箱が山になったり電車になったり。
みんなで、電車に乗ってレッツゴー♪♪
子ども達みんな笑顔(^-^)

たくたく堂さんありがとうございました。
次は冬にまた遊びにきてくれます☆

====================

何も特別なあそびをしたわけじゃなくって
危険なこと以外はタブーなしで、子どもたちの思いつきや行動を
あれもこれもあそびとして楽しんだだけだけど
時間はあっという間に過ぎていきました。

たくさんが子どもたちに囲まれている時
すぐには輪の中に入ってこないけど
でも、遠巻きに興味をもって観察している子どもたちがいて
わたしは、そんな子たちを
さらに遠巻きで観察したり、そーっと声かけたり、触れ合ったり。
それから、お母さん方とおはなしも。

その子なりの参加の仕方や距離感があってそれでいいと思うんよね。

あぁ、楽しかった。


【埼玉で公演しまーす】

 

 

9月は防災月間。

今週末も防災人形劇「カンカン塔のみはりばん」を上演させていただきます。
埼玉県防災学習センター そなーえにて。
こちらでの公演は去年に引き続き2回目。

「防災を楽しく学んでそなえけり」
  ~防災センターのイベントページより

TOA 音の防災シアター「カンカン塔のみはりばん」で
楽しく学んでそなえましょう。

http://saitamabousai.jp/modules/event/index.php…
==============
2018年9月16日(日)
 1回目:11:30〜12:00
 2回目:13:30〜14:00
埼玉県防災学習センター 2階にて

【たくたく堂さんとあ・そ・ぼ!】

 

このところ、公演だけじゃなくって乳幼児親子さんのあそび・交流の場によんでくいただくことも増えています。

去年、地域公演でお世話になったおやこ劇場さん
未就園児の親子さんが集うピッピの会にお声かけいただいて
あそびに行きました。

一応、開始時間とかは決まってたけど
子どもたちはへやに入ったとたん、
始まる前から、もう、あそびスイッチオン!!
そりゃ、そうよね。
遊ぶって今から始めますって始めるもんじゃぁないもんね。
私たちもただ待つのもなんだからあそびはじめちゃって💦

そんな子どもたちの様子に、
大人の方も「なんかもう始まってるよねぇ。そのまま続けちゃおっかー。」って、笑顔で子どもたちの流れにのっかって。
さすが、長年活動してらっしゃるおやこ劇場さん。

四角いはこに紙コップにぬいぐるみ。
それ自体は、何の変哲もないフツ―のもの。
何も特別なものでなくってもいいんよね。
想像力とちょとした工夫であそびの世界はどんどん広がる。

ぬいぐるみが性格をもって動き出し。
はこや紙コップが、山になったり、電車になったり、ねこになったり、女の子になったり、オオカミになったり。
いろんな物語が生まれます。

あぁ、楽しかった。
次は冬に遊びに行きまーす。


【人形劇団クラルテ 創立70周年記念公演鑑賞】

人形劇団クラルテ 創立70周年記念公演
「はてしない物語」(原作 ミヒャエル・エンデ)

70周年という意気込みと気合
ここ数週間、いろんなことが続く中で
いつもと変わらぬ姿で
受付に立ち、舞台に立ち、
全員で、丁寧に、真摯につくりあげる
クラルテの皆さんのその姿に心打たれました。

魅力的な人形たち
単なる黒子でない衣装もステキ
The クラルテというまっすぐな力作、大作 
圧巻でした。
ロビーの展示も好きでした。

会場には知った顔がいっぱい。
あちこちの劇場さんに他の劇団のメンバー
それからお久しぶりの友達も。
会場では気づ来ませんでしたが
帰りの電車で観劇帰りの私の古巣かかし座の代表とも偶然お会いして。
芝居を見に行くって
こうした出会いがあるのも嬉しいことです。
それから、いろいろありつつ、
息子と一緒に観劇できたのも嬉しくて。

70周年、おめでとうございます。
ステキな時間をありがとうございました。
子どもとアートのはてしない物語
子らからも紡いでいきましょう。

【テニスボールに込められた愛】

カンカン塔の見はりばん
大阪の小学校で上演させていただきました。

その会場となった教室の様子です。

いすや机の脚にテニスボールがはめてあるこの教室風景。
愛を感じます。
これがあるだけで、
聞こえにしんどさを抱える子、過敏な子も、逆に聞こえいづらい子も
どちらも助かります。
カンカン塔の見はりばんのテーマでもある
「聴く力」につながりますね。


【たくたく堂の夏!! 】

もう秋の気配漂いますがたくたく堂、夏のあれこれ振り返り。

この夏は、各地のフェスティバルに上演参加

子どもと舞台芸術大博覧会@東京
喜多方発21世紀シアター@福島
いいだ人形劇フェスタ@長野

フェス以外にも
花巻の子ども劇場さんと公演の事前交流兼ねた子どもまつり
青森の子ども劇場さんと工作会
人形劇と工作WSをセットで実施してくださった主催者さんも複数いらして。

夏休み中の小学生と参加型の人形劇、あっちこっちシアターも。
子どもたちの想像力と創造力とチームワークにニンマリ。

小中学生が輝く劇団フラップトリップさんと子ども園の子どもたち
その出会いをコーディネートさせていただいたのもこの夏のできごと。
インプロの視点と在り方と保育士の視点と在り方の重なりへの気づき
学び多い出会いに。

他にも
『にんぎょうげきのおみせやさん』
『絵本シアター はじめてのおつかい』
『おおきくなあれ』
『あっちっこっちシアター』
『カンカン塔の見はりばん』
いろんな場所でいろんなシリーズ作品を
たくさん上演させていただきました。

立上げ2年目。2回目の夏。

去年今年と連続してお世話になった場所では
リピーターの方も来てくださって。
再会って嬉しいね。
出会ってくださったみなさま、ありがとうございました。

さぁ、文化の秋
新作も作りつつ、この秋もまた各地にお邪魔させていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


【一緒に考える機会に・・・公演のご案内】

大きな災害が続き、心がざわざわする毎日。

我が家は、停電・断水はしたもののぎりぎり暗くなる前に復旧。
他には大きな被害もなく済みました。

でも、近辺は、信号がよそを向いていたり、看板が倒れていたり
通学路のすぐ横ににトタン屋根が落ちていたり
学校のガラスが割れていたり
同じ団地でも天井の一部が飛んだ棟も。

北海道の地震での被害も心配です。

この雨で、被害が広がらなかったらいいんですが。
いつもの日常が早く戻りますように…

そんな今週末、防災・減災人形劇を2ケ所で実施します。
土曜は小学校で授業の中で、日曜は生涯学習フェスティバルの中で。

想像を超える自然の力、対する人間の弱さ
何ができるんだろう?どうすればいいんだろう?
一緒に考える機会になればと思います。

=============
日曜日の公演は
門真市民プラザでの 生涯学習フェスティバルの一環
どなた様でもご覧いただけます。

TOA 音の防災シアター「カンカン塔のみはりばん」
会場:門真市民プラザ 1F なかよし広場
時間:1回目10:30〜
   2回目12:30〜


【ワクワクあふれる打合せ】

打合せ2本。

おやこ劇場さんと小学校の先生と。どちらも当日がとても楽しみに。

おやこ劇場さんは、秋の公演の打合わせ。
久々の自劇場だけで観る例会で小さな劇場さんだから全年齢で観たいとのこと。
お出かけ例会ももちろんありだけれど、歩きや自転車で行ける地元で観られるのがやっぱりいいよね。
工夫して、鑑賞と交流のいい時間、紡げるといいな。

小学校の先生とは、授業でのWSの打合わせ。
6年生と人形劇をつくります。
どんな出会いになるのか?どんな人形劇ができるのか?ワクワクドキドキ。

学校の授業の中で連続したアートの時間を紡げること、嬉しいなぁ。ありがたいなぁ。おかげさま。
折角頂いた貴重な授業時間、実りある楽しい時間になるように丁寧に大切に取り組みます。

【防災の日の防災人形劇公演、無事終了】

カンカン隊のみーこ隊員のインスタより

==========
防災の日の防災人形劇

全2回上演が無事に終わりました

TOAの自社ホールであるジーベックホールを広々と使い、綺麗な音の響きでたくさんの方に「音の防災」をお伝えできたかと思います。
可愛く面白い反応をくれる子どもさんもおられ、とても楽しくお届けさせて頂けました♪
ご来場下さった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

TOA 音の防災シアター「カンカン塔のみはりばん」は今後もさまざまな場所へ出動します。
公に発表できるものは発信していきますので是非チェックしてて下さいね。
今回の写真、カンカン隊らしい一枚です😊

明日も台風の予報ですね…安全第一に、備えましょう!

【防災の日イベント】



明日はこれ↓


防災・減災をテーマにした人形劇
『カンカン塔の見はりばん』

明日、防災の日に合わせて
神戸ポートアイランドのジーベックホールにて
公演します。

明日の公演は、いつもの上演にプラスして
参加者の皆さんが実際に考えて動いてみる時間も盛り込んでます。

この機会にぜひ、ご家族で防災・減災について考えるきっかけに。
楽しくってためになるそんな時間です。

お時間のある方ぜひどうぞ。


=================
TOA 音の防災シアター
人形劇「カンカン塔のみはりばん」

2018年9月1日(土)
1回目:13:00開演(12:30開場)
2回目:15:00開演(14:30開場)

会場:ジーベックホール
三宮よりポートライナーで約15分「中埠頭」駅下車、徒歩3分


【入場無料】

【たくたく堂のなつまつり】

 

夏休み最後の日は門真で公演

人形劇をみて、つくって、あそぶ
公演と人形工作WSのセットで実施。

上演は『にんぎょうげきのおみせやさん』より
「はじめてのおつかい」
「なないろたこのななちゃん」

人形工作はたこちゃんの人形劇に登場する
「光るぼんぼり人形」

今回の公演は

去年の冬、
『にんぎょうげき屋たくたく堂のクリスマス』
でお世話になった団体さんが
今年は夏休みにとまたお声かけくださって実現したもの。
そして、今年の上演後、来年も頼みますと。
ありがたいなぁ。嬉しいなぁ。
また、来年も
新しい人形劇と人形工作もって
うかがいますねー。
楽しみ楽しみ。

【夏休み最後の土曜日はお城が見える会場で『お・お・き・く・な・あ・れ!』】

客席の最前列に小さな人たちが並んで座る。

開演前からたくさんとぷよん君とのやり取りに顔を見合わせて、笑い合ったり、おしゃべりしたり。
前からのお友達同士かと思ったら、今日初めて出会った同士なんだって。
生の舞台のもつ人と人をつなぐ力をあらためて実感。

 

初めてお母さんから離れて一人で座ったという男の子に初めての舞台鑑賞という1歳さんも。
かわいい笑い声が響く中、ぶっといにょろんの登場にあわててお母さんのところに戻る子も。

舞台を通してたくさんの初めてに立ち会える幸せと責任。どちらもしっかりかみしめて。

ご覧くださったみなさん、支えてくださったスタッフの皆さんありがとうございました。

【たまには、人形劇屋たくたく堂のあみさんちのことでも】

ピンポン♪ ピンポン♪ ピンポーン♪

おばちゃん、トイレ貸して。おばちゃん、空気入れ貸して。
おばちゃん、スコップ貸して。おばちゃん、虫取りアミある?
おばちゃん、クワみたいなんない?
おばちゃん、スーパーの袋くれへん?
おばちゃん、ここ切ってくれへん?
おばちゃん、こないだのシャボン玉って何と何入れたっけ?

なぜかしらん、うちには、子どもさんがよう訪ねてきはるん。

まぁ、彼らは貸せないものやあげられないもの
無理難題は言ってきはらけんから
彼らの望みはできるだけ叶えてあげるんだけど。

そして、時々
おばちゃん、四つ葉あげるわ。おばちゃん、お花あげるわ。
って、かわいいお土産も届けてくれはるん。
愛すべき、かわいい人たちです。

でも、ごめん。気持ちはうれしいけどセミはいらんわ。

【『カンカン塔の見はりばん』公演のご案内】

防災・減災をテーマにした人形劇
『カンカン塔の見はりばん』


9月1日防災の日に
神戸ポートアイランドのジーベックホールにて
上演します。


アコーディオン奏者のみーこさんと
人形劇俳優のたくさんとでお届け。
入場無料。


お時間のある方ぜひどうぞ。


【げきじょっこまつりでお待ちしてます】

今日はこれ。

花巻子ども劇場の「げきじょっこまつり!」

たくたく堂は光る人形づくりしますよー。
秋の鑑賞例会の事前交流もかねて。

その他にもダンボール迷路や新聞紙あそび
まりつきも楽しいって。

会員でなくてもどなたでも参加できるそうです。
何時からでもどこからでも
岩手の皆さまどうぞ。

【メディア掲載情報】

防災人形劇「カンカン塔の見はり番」
青森県・岡三沢小学校公演

東奥日報と三沢市の広報誌に
上演の様子を紹介していただきました。

その掲載新聞のコピーを

今回の公演をコーディネートしてくださった
エコミュージアムの皆川さんが送ってくださいました。


三沢市広報は三沢市のHPからどうぞ。
http://www.city.misawa.lg.jp/…/index.cfm/detail.1.30697.html


==================
TOA音の防災シアター
『カンカン塔の見はり番』

https://www.toa.co.jp/mecenat/kkt/


【まるごとこどもはっち夏祭り】

夏休みの青森公演のご報告、もう1本。


まるごとこどもはっち夏祭りで
絵本シアター『よんでよんで えぽんちゃん』の公演と
工作ワークショップ『かいて つくって !えぽんちゃん』
を実施させていただきました。
絵本から飛び出してきたような演出の「はじめてのおつかい」
子どもたちの真剣な表情が印象的でした。

たくたく堂の、みて、つくって、あそんでというこの企画
工作ワークショップでは
たくさんの個性あふれるえぽんちゃんが誕生。


全館あげての夏祭り

子どもはっちさんのブログでどうぞ。
https://kodomohacchi.net/archives/6754


【いいだ人形劇フェスタ2018 ~ のこのこ・ななちゃん ~】

 

いいだ人形劇フェスタにて
『お・お・き・く・な・あ・れ!』より
のこのこいもむしとなないろたこのななちゃん上演。

嬉しかったのは、
昨年にに引き続き来てくださった親子さんとの再会。
事前にHPからメールをくださっていた方もいたり。
去年、親子でとても気に入ったんです とか
去年のフェス以来、また観たいとずっと思っていて とか
子どもが今でもぷよん、にょろんと言って遊んでるんです とか
今年は友達も連れてきました とか
っていろいろに声かけてくださって、最高に嬉しくて。

もちろん、新しい方々との出会いも嬉しかったです💛

帰り際には、
来年はこの子も連れて3人で見に来ますからまた来てくださいね
と妊婦さんが声かけてくださったり
今年も楽しかったです。ますます気に入りました。
とリピーターの方がお声かけてくださったり。

お家で人形劇の続きを楽しんでいただけるように
と販売した人形キットも足りなくなる人気ぶりで。

上演が終わった後、
どちらの回もたくさんはたくさんの子どもたちに囲まれて。
終わった後、こどもたちが舞台やたくさんのそばに集まって来るか
それが公演の出来の一つのバロメーターだと思ってます。
その意味では、子どもたちに認めてもらえたかな
子どもたちに届いたかなと。
今年も楽しい時間を過ごさせていただきました。

お越しくださった、支えてくださった全ての方に感謝。

 

 

 


【おかげさまで完売です】


いいだ人形劇フェスタ

去年に引き続き
人形劇屋たくたく堂 『お・お・き・く・な・あ・れ!』シリーズを公演。
今年は、のこのこいもむしとなないろたこのななちゃん。
午前中、2回公演
どちらの回も完売・満員御礼らしい。
嬉し、びっくり。
ありがたいなぁ。感謝です。おかげさま。

【飯田人形劇フェスタ1日目】

 

喜多方~飯田に無事到着。
飯田人形劇フェスタに今年も参加。
着いたその足で受付すませ、翌日の公演会場を下見。
それから、宿泊地である橋北公民館でほっと一息。

夜のセントラルパークへチェコのアルファ劇場の『三銃士』を見に。
客席にも知ったお顔がいっぱいで客席同士で手を振り合う。
飯田に来たなって感じ。

美しいテントの舞台に生の演奏、生き生きとした片手遣いの人形
大満足。大満喫。

夜は宿泊先である公民館で劇人の方々とお話。
どちらの劇団ですか?から、あれこれ話がはずむ。
人形作家さんの、小学校の教室で行ったという
毎日増殖するアリの巣のインスタレーションの話に
めっちゃワクワクする。
毎朝、教室に入ったら、
壁や天井を突き破って隣の教室や上の教室にまで
アリの巣がどんどん広がってるなんて楽しすぎ!!

久しぶりー!! 年に1回の七夕のような再会もいっぱいで。

まだまだ話したい気持ちを抑えて公演に備えてお休みなさい。

人形劇屋たくたく堂『お・お・き・く・な・あ・れ!』公演。
今年は、のこのこいもむしとなないろたこのななちゃん。
どんな方々に出会えるだろうか。
楽しみ楽しみ。


【喜多方発21世紀シアター 満喫!!】

喜多方発21世紀シアター

たくたく堂上演後、
実は生で落語を聞いたことがないというたくさんの希望で
喜多方寄席と
日本駒博物館のこまのおっちゃんとゆきちゃんとルパンさんの
「ビンツータンレーハッショーレー」と
風の子さんの「スクラム★ガッシン 準備完了!第2号計画’」
を鑑賞。

寄席は落語と紙切りと太神楽曲芸と
笑って、びっくりして、息のんで、また笑って
「ビンツータンレーハッショーレー」は
次々と出される道具に、あそび心とチャレンジ精神を刺激され
風の子さんはそのエネルギーの大きさに魅せられて。


合間に喜多方の町をウロウロ
喜多方ラーメン食べて
アイス食べて
他の劇団さんや劇場さんと会って話して
青森県人会も急きょ開催で盛り上がり(笑)

フェスって、こうした出会いが嬉し楽し。
上演して、鑑賞して、交流して
あぁ、楽しかった。


【『お・お・き・く・な・あ・れ!』in 喜多方】

喜多方発21世紀シアター
人形劇屋たくたく堂『お・お・き・く・な・あ・れ!』
本日、無事、上演させていただきました。

今回は、「おおきくなあれ」より
のこのこいもむしとなないろたこのななちゃんを上演。

子どもたちが集まっている1枚目の写真は開演前の一コマ。
初めて出会った子どもたちがまるで前からのお友だち同士みたいに。開場してすぐの様子です。
演劇ってやっぱり人をつなぐ力があるようです。

上演中も、小さな方の積極的な優しさあふれる(笑)
あたたかい笑い声響く楽しい公演になりました。


数ある舞台の中からたくたく堂を見に来てくださったお客さま
搬入から会場づくり、受付、ばらし、搬出までずーっと笑顔でお手伝いくださった黄色のボランティアスタッフの皆さま
ありがとうございました。


【子どもとアーティストの出会いさん 10周年記念のシンポジウム】


子どもとアーティストの出会いさんと私の出会いは8年前。

魅力的な活動をしているお二人の先生から、別々に、でも、同じタイミングでご紹介いただいて、学習会スルーに参加したのが最初。

そこから、WSに参加者として、見学者として、スタッフとして、いろいろな形で参加させて頂いたり、創る場に参加させて頂いたり。

そこでの出会いは、私にたくさんの刺激と発見をもたらしました。
私とアートとの関係に多きな変化を生んだなぁと。

そして、去年、たくさん立ち上げ当初より、防災人形劇『カンカン塔の見はり番』にいっしょに取り組ませて頂いています。

明日も、ありがたいことに『カンカン塔の見りはり番』の上演の機会を頂いたのですが、残念ながら、たくたく堂は夏の公演ツアー中でお伺いすることができません。遠く、福島より盛会を祈ってます。

子ども×アートをキーワードに活動してらっしゃるステキな方々が、各地から集まるそうです。

ご興味のある方、ぜひご参加を。

日時)2018年8月5日(日)13:30~(受付開始 13:00)
会場)梅小路公園 緑の館
詳細)http://www.npo-kad.com/information/673/

【貧乏暇なし?! せっせと内職 (笑) 】

喜多方夏のフェスティバル 2018喜多方発21世紀シアター に向かう道中
なんと、事故渋滞に巻き込まれ・・・
あまりに動かず、あまりに退屈すぎてついにこんなこと始めちゃいました。
工作WSの下準備。遠い喜多方がさらに遠くに…

【化学反応を楽しみに~コーディネート】

公演ツアーの合間にお誕生会での鑑賞をコーディネートさせていただいている地元の子ども園さんを訪問。
8月にお願いしている劇団さんと一緒に下見&打合せ。

劇団の方に園の雰囲気も感じていただこうと会場と合わせて園の中もぐるっと1周。
そこここにあるいろんなあそびの跡に心がおどります。

今回は夏休み中ということもあって趣向を変えて小中学生の児童劇団さんに来て頂くことに。

自分たちより少し上のお兄さんお姉さんと園児さんとの出会い
どんな化学反応が起こるのか、ワクワク。

【いい空気・・・公演アンケートより】

子どもと舞台芸術大博覧会では
ありがたいことにたくさん嬉しいあたたかい感想もいただきました。

その中の一つ、ただ一言「いい空気」と書いてくださった方が。

たった一言、たった4文字だけど
この感想、嬉しくて、ありがたくて。
だって、その日の公演の良し悪しって
会場がどんな空気に包まれたかってことと重なるところがあるもの。

でも、「いい空気」
それは、私たちだけで創れることではなくって
会場にいらっしゃったみなさんが
小さな人たちの心と体の動き、つぶやきも含めて
大きな心で温かく見守ってくださったからこそで。
お客さまに恵まれたなぁ。おかげさま。

次は、8月4日:福島県喜多方市、8月6日:長野県飯田市
会場で皆さんと「いい空気」を生み出せますように。
楽しみにしています。

===============
●2018喜多方発21世紀シアター 喜多方夏のフェスティバル
http://21st.kitakataplaza.jp/

●いいだ人形劇フェスタ2018 世界人形劇フェスティバル
http://iida-puppet.com/


【「お・お・き・く・な・あ・れ!」 東京公演】

初めての東京公演で、初めての仕掛けもあって
大人の方が多いといういつもとは違う環境で
いつになく緊張していたたくさん。
無事に終演して、ほっ。

好奇心いっぱいに生きている小さな人たちと
そんな小さな人たちを見守り応援しているお父さんお母さん
そんなお父さんお母さんを応援している大人の方
そうした輪が会場の客席に生まれていました。

赤ちゃんが自分が見たい場所を求めてハイハイでウロウロ―
お母さんの元を離れて初めて出会うおばちゃんのおとなりに。
赤ちゃんがおばちゃんを見上げると
おばちゃんが赤ちゃんとそれからお母さんにも
                                   大丈夫よー。一緒に見ようねー。
                                                                                                                        と笑顔を返してくれて。

小さな人の思わず音として出た心の声に回りの大人の方々に温かい笑い声が生まれて。

あたたかいお客さんのおかげで、あたたかい会場に。

暑い中、日本各地から足を運んでくださったみなさま、丁寧に心のこもった仕事をして下さったスタッフ・関係者のみなさま、
それから家を守ってくれた子どもたちと子どもたちを見守ってくださったご近所の友人
本当にありがとうございました。

【子どもと舞台芸術大博覧会2018】

 

明日です!

京都での公演の打ち合わせを1件すませてから
今日東京に向かいます。

こどもと舞台芸術大博覧会
今日もすでに盛り上がってるようですよ。

たくたく堂作品以外にも
あんな作品やこんな作品
あそびのひろばやあかちゃんひろば
丸ごと1日アートで楽しめます。

まだ、ご予定が決まっていない親子さん、
ぜひぜひどうぞ。

大博覧会全体スケジュール↓
http://www.kodomotobutai.net/scadule/pg295.html

==================
子どもと舞台芸術大博覧会2018
http://www.kodomotobutai.net/

人形劇屋たくたく堂『お・お・き・く・な・あ・れ!』
日時:7月31日(火) 11:00~   
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
   カルチャー棟・中練習室43
料金: お一人1000 円


【デーリー東北さんに掲載していただきました】


防災人形劇「カンカン塔の見はり番」
青森県・岡三沢小学校公演

デーリー東北さんが
公演の様子を記事にしてくださいました。

人形劇作家って紹介されるのね。

==================
TOA音の防災シアター
『カンカン塔の見はり番』

https://www.toa.co.jp/mecenat/kkt/

【防災人形劇「カンカン塔の見はり番」】

防災人形劇「カンカン塔の見はり番」
青森・学校公演

地元のエコミュージアム三沢の代表皆川さんが
つなげてくださり実現したこの公演。
新聞にテレビにメディアもたくさん。
夕方のニュースにもながれたそう。

取材陣に取り囲まれるるたくさんと
取材慣れしてないたくさんを見守るTOAの広報さん。

==================
TOA音の防災シアター
『カンカン塔の見はり番』
みなさんの学校や地域でもいかがですか?

https://www.toa.co.jp/mecenat/kkt/


【ミニ人形劇 & つくろう!あそぼう!in 青森】

明日から夏休み。
夏休み1日目はこれ。

あおもり子ども劇場さんのお楽しみ企画

『ミニ人形劇 & つくろう!あそぼう!』

人形劇を見た後に
みんなで劇に出てきたタコちゃんを作ってあそびましょう!
この人形、ピカピカ光るんだよー。

去年の夏
観客参加型人形劇あっちこっちシアターに
一緒に取り組んだ鑑賞団体さん。
再会って嬉しいね。

みる・つくる・あそぶの3拍子そろったこの企画
会員でなくても参加可能だそうです。
夏休みの工作の宿題にもいいかもー。

お申込み等、詳しくはこちら
あおもり子ども劇場さんのブログをどうぞ↓
http://aomorikogeki.seesaa.net/article/460464316.html


【たくたく堂 夏のフェスティバル出演情報】

人形劇屋たくたく堂、今年は全国各地のフェスにうかがいます。

「うちの子はまだ小さくて人形劇は無理かな…」
と思っているお父さん、お母さん。

たくたく堂の人形劇は
小さな人たちの
人形にさわってみたい好奇心も
人形といっしょにおさんぽしたい行動力も
丸ごと受け止めます。
夏の思い出に、親子でぜひどうぞ。

みなさん、各地のフェスででお会いしましょー。

●【東京】
子どもと舞台芸術大博覧会2018
http://www.kodomotobutai.net/

作品:『お・お・き・く・な・あ・れ!!』より
 「なんだっけ?ぴよのすけ」「ぷわぷわぷよーん」
日時:7月31日(火) 11:00~   
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
   カルチャー棟・中練習室43

たくたく堂初めての首都圏での公演です。

●【福島】
2018喜多方発21世紀シアター 喜多方夏のフェスティバル
http://21st.kitakataplaza.jp/

作品:『お・お・き・く・な・あ・れ!!』より
 「のこのこいもむし」「なないろたこのななちゃん」 
日時:2018年8月4日(土)11:30~
場所:押切川公園体育館会議室 (喜多方プラザ向かい)

実は、これまでオフで観客として楽しんでいたフェス。今年は、初めて上演参加します。

●【長野】
いいだ人形劇フェスタ2018 世界人形劇フェスティバル
http://iida-puppet.com/

作品:『お・お・き・く・な・あ・れ!!』より
 「のこのこいもむし」「なないろたこのななちゃん
日時:2018年8月6日(月)9:30~ / 11:30~
場所:りんご庁舎3F会議室

去年は、「なんだっけ?ぴよのすけ」「ぷわぷわぷよーん」を上演。今年は、おおきくなあれ第2弾の新しい作品をもってうかがいます。


【舞台鑑賞:ポケのひとり舞台】

先週末は、
京阪4劇場さんの合同例会におじゃま。

『ポケのひとり舞台』


客席の隣の席で
早口言葉に挑戦し
四角と三角を必死で作り
俺はアクション俳優かなとつぶやき
成功すれば拍手を送り
失敗したらあーと声が出る
突っ込みながら声を出して笑う。
隣に座る息子の様子が嬉しくて。

久しぶりの息子との舞台鑑賞。
いい時間でした。

ポケさん、劇場のみなさん
ありがとうございました。


【この夏は新作が次々と幕開けますよー】

この夏は新作が次々と幕開け・・・
のはずが、1本は先日の豪雨でキャンセル
あけないまま・・・

気を取り直して、次はこれ。

 

絵本の世界が人形で飛び出す
ワクワク絵本シアター!
『よんでよんで!えぽんちゃん』

これまでオリジナルストーリーを紡いできたたくたく堂
初めての、絵本を原作にした人形劇。
絵本と人形劇の両方の良さを生かしたいと
欲張りに臨んだ作品。

無事あけますように。


【7/31 たくたく堂公演情報 in東京】

2018年7月27日(金)〜8月1日(水)
子どもと舞台芸術大博覧会開催!!
子どもも大人も楽しめる6日間
場所は国立オリンピック記念青少年総合センターにて
200を超えるあそびや芸術のプロフェッショナルが集結!

たくたく堂は
『おやこふれあい人形劇 ~ お・お・き・く・な・あ・れ!』
を上演させていただきます。

今日がドキドキ劇場デビュー!
そんな小さな人たちとママパパが、安心して観られるおはなしたちです。
うちの子は、そわそわ、うろうろ、ぐずぐず・・・
メーワクかけちゃうから観るの無理だよね・・・?
いえいえ大丈夫。
人形にさわってみたい好奇心も
人形といっしょにおさんぽしたい行動力も
おおきなおおきなこころで受け止めて
みんなでお話を楽しみましょう。
こころもからだもおおきくなあれ!!

ちいさなこどもたちと、
毎日一生懸命なママ・パパへ贈るたくたく堂の人形劇。
大人の方のご来場ももちろんとっても嬉しいですが
小さな人たちと紡ぎ合う、そんな作品です。
小さなお客さま、大募集です。
おやこ・ご家族でのご来場
お待ちしております。
もちろん、大人単身の方も歓迎です。

=================
日時:2018年7月31日(火) 11:00開演
場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター 中練習室43
料金: お一人1000 円
申込み:https://kodomotobutai.easy-myshop.jp/c-item-detail?ic=29
お問合せ:子どもと舞台芸術大博覧会実行委員会 事務局
03-3351-2131
http://www.kodomotobutai.net


【おやこ劇場・子ども劇場 企画説明会全国行脚 終了】

東北(福島)~関西(兵庫)・中四国(広島)・九州(福岡)・東海(愛知)・北信越(長野)と続いた企画説明会行脚
大雨に翻弄され、ハラハラはしたものの、
無事であればこその「大変だったよね〜」と
後々話題に事欠かない 旅になりました。
あっ、首都圏はたくさんが参加しました。

限られた時間の中で、何を伝えるか。
資料に書かれていることを言っても仕方がないと思っている。
それは読んでもらえばわかるから。
私が話すよりも写真を見てもらった方が早いこともある。

だから、あえて、私は
我が子の子育てやこれまで出会った子どもたちの姿・言葉を通して
みえてきたものや感じたことを語ることで
おおきくなあれという作品を通して伝えたいこと
芸術に関わって子どもたちと向き合って仕事をするということに対する思い 
などなどをお伝えさせて頂いた・・・つもり・・・
どうあがいたって、私は私の言葉でしか語れないもの。

何を話そうか、毎回、悩むし、緊張するし、めっちゃ疲れる。
でも、聞いて下さる方がみなさんあったかい笑顔で
時には客席から手を振って下さる方までいて
嬉しくて心地良い疲れ。

はじめましてー。の新しい出会い
ご無沙汰してます~。の懐かしい再会
会いたかったー!! 話したかったー!! ととんできてくださる嬉しい再会

くたびれもするけど、この期間は、
たくさんの嬉しい再会と新しい出会いがあって
劇場・劇団どちらも大好きな人にたくさん会えて
すぐ横で琵琶や三味線・ラッパの演奏が聴けたり
目の前で人形やパントマイムが見れたり
地域毎のテーマで熱く語り合ったり
思いを深め合ったり
嬉しくて、楽しくて、わくわくして、元気と刺激を頂いて、
なんだか幸せいっぱいになります。

私たちの思いは、子どもたちにつながっている。
子どもたちは、未来につながっている。
明日からの元気と頑張るパワーが充電できました。
子どもたちの笑顔を守るために
大切なものを守るために
しっかりがんばらんとな、やるぞ~
ってそんな思いを新たにしました。


【春の図書ボラ おはなし会】

新1年生に図書室の紹介かねて毎年恒例の春の図書ボラ おはなし会

今回は、長谷川義文さんのリズミカルで読んでて楽しい関西弁絵本
『たこやきのたこさぶろう』

「いかせておくんなせえー」
たこ焼き家族やその仲間たちがが止めるのも聞かず、旅に出ようとする、たこやきのたこさぶろう。
たこさぶろうには、どうしても旅に出なければならない事が・・・
その事情とは???
そのとき、たこやきやのおやっさんが衝撃の告白…!!
思わず笑っちゃうその事情。
そんなたこさぶろうを買いたいというよしお君の買いたいその理由もまた絶妙で。

たくさんのアコーディオンにのせて
みんなで振りつけ付きで「たこ焼きソング♪」も歌って
あぁ、楽しかった。

この日聞いてくれていた子が1週間後に会った時、
たこ焼きソングを歌ってくれたのが嬉しくて楽しくて。

==================
『たこやきのたこさぶろう』
作: 長谷川 義史
出版社: 小学館

【西宮人形劇まつり 満員御礼】

私が東北で仕事をしている頃
たくさんは西宮人形劇まつりで
人形劇あらかると「にんぎょうげきのおみせやさん」を上演。

チケット145枚があっと言う間になくなり
会場は、子どもたちの笑顔と笑い声に溢れたそうです。

公演が終わって出てきた子どもたちのウキウキルンルンの様子と、
大人の皆さんの楽しかったーという呟きを聴きながら、
幸せな気持ちになりました とは主催者さまのお言葉。

 

満員のお客さまと楽しい時間。
子どもの笑い声が響く空間・・・嬉しいですね。

地域に根付いている人形劇まつり
スタッフさんが地道につないできてくださってるからこそ。

思わぬ方が声をかけてくださるという嬉しい再会もあったとか。

お世話になったみなさまありがとうございました。


【東北例会企画交流会】

先週末は福島の飯坂温泉にて東北の例会企画交流会。

おいしいご飯に、あまーいサクランボ、ぽかぽか温泉、
夕飯はさながらディナーショー!!
あぁ、楽しかった。

あっ、れっきとした仕事です。

なぜ、この仕事をしているのか?
なぜ、この作品を作ったのか?

6分という時間に想いを凝縮して言葉にして伝えた・・・つもり。

想いを同じくする人たちと
たくさん出会って、たくさん話して、
充実した豊かな2日間でした。


帰りの新幹線の待ち時間さえも
青森の宍倉さんと北海道のえりっこさんと
冷たいラーメンと円盤餃子を食べながら
なかなかに刺激的な話で盛り上がり。

帰りの新幹線で美しい夕焼けを眺めながらクールダウン。


東北で出会ったみなさん、ありがとうございました。

さぁ、関西・中四国・九州・東海・北信越と続きます。
これから出会うみなさん、よろしくお願いします。

【たくたく堂公演情報   人形劇あらかると「にんぎょうげきのおみせやさん」】

去年から何度かお声かけいただいていたものの

日程が合わず
今年やっと実現しました。

ようこそいらっしゃい!
「たくたく堂」はどこでもおでかけ
人形劇のおみせやさん。
今度は西宮のまちで開店です。

どたばたおつかい物語「なんだっけ?ぴよのすけ」と
ちょきちょき工作げきあそび「さんびきのこぶた」
家族みんなでお楽しみください。
お待ちしてます。

 

この日は1日、たくたく堂以外にもたくさんの人形劇や紙芝居、ワークショップが楽しめますよ。

 

詳しくはこちらのリーフレットをどうぞ。↓

http://mintclub.kobe-np.co.jp/…/38665e889ec87452aa1a6eb402b…

 

=============
西宮人形劇まつり たくたく堂公演
日時:6月24日 13:30~
場所:アクタ西宮東館6階 西宮市大学交流センター 
   すいかのへや 大講義室
入場料:小学生以上300円 
※朝10時から、6階の大学交流センター前ロビーでチケット販売開始
午前中に、午後の分のチケットも完売することが予想されます。
お早めにお買い求めください。

 

 


【安心な空間~子どもNPOはらっぱさん】

たくたく堂の『お・お・き・く・な・あ・れ!』は
上演中に、立ち上がっても、ウロウロしても
人形や舞台に触っちゃっても、
なんだったら舞台の裏に入っても
危なくない限りは無理に止めなくても大丈夫。
それはそれでその子の見方。
子どもたちのそんな様子も含めてみんなで楽しみましょう
ってスタンスで上演させて頂いています。


この日の公演も子どもたちは心の赴くままに
ぴょんぴょん、とことこ、ペタペタ。
意図的な早めの開場で、
たくさんと場にすっかり慣れていた子どもたちは、
緊張が溶けて体いっぱいに表現。
嬉しくってたまらないって感じで、とにかく楽しげ。

そんな子どもたちの様子を、お母さん方もとても温かく受け止めてくださって。

「子どもたちが、全身で表現している姿がステキでした。」

「自由に表現している子どもたちを見て、子どもたちって役者なんだなぁ。すごいんだなぁって感じました。」


楽しそうな子どもたちと一緒に
お母さんがどんどんリラックスしていく感じもまた印象的でした。
会場が温かい幸せな空気に満ちていました。

「いつもはウロウロするのでイライラするのですが、今日は安心して見ることができました」

「いつも迷惑かけるので申し訳なく思うのが、今日は大丈夫。いいよ。って言って頂けて安心して気が楽でした。」


安心な空間を創りたいといつも思うけど
でも、それは、私たちだけで創れることではなくって
会場にいらしたみなさんお一人お一人が
大きな心で温かく見守ってくださったからこそ。
お客さまに恵まれているなぁ、ありがたいなぁと思うん。
おかげさま。


【第19回あかね人形劇まつり】

滋賀県のあかね文化ホールで開かれた人形劇まつり。

今年は、ありがたいことに
人形劇と工作と両方をということでお声かけいただきました。


同じ会場でおやこふれあい人形劇の第2弾←新作です
『お・お・き・く・な・あ・れ!~のこのこ~』の上演と
劇に登場したぼんぼり人形づくり。
同じ会場を丸1日たくたく堂で使わせていただいたおかげで
お客さま親子とゆったりのんびり密に関われました。


人形を作りながら
「のこのこ、おっきくなったなぁ」
「ちょうちょ、ここにきたよ」
「この子がぐずらないどころかずっと目で追っててびっくりしました。」
「思う存分探検させてもらえたので癇癪を起こさずにすみました。」

問わず語りに劇の感想を聞かせて下さったり
2歳児さんの初めてのはさみの感動に立ち会えたり。


1ステ目を見てくださった親子さんが2ステ目にも来てくださったことにうれしびっくり。
リピーターってすごく嬉しいし励みになります。


まつりあるあるで
館内のあちこちで上演されていた他の人形劇は見えなかったけど
お昼休みにてんてこさんの手作り楽器のコンサートを楽しめたし
お久しぶりの方とも会えたし
地元の方の手作りのスイーツもおいしかったし
まつりを満喫。あぁ、楽しかった。


お世話になったみなさま
ありがとうございました。


【工作ワークショップ 丁寧なほったらかし?!】

ぼんぼり人形をつくろうのワークショップを
奈良のT-seedさんのみんなであそぼうで行いました。
その様子をレポート。

ぼんぼりシアター「なないろたこのななちゃん」を見て
みんなで自分だけのぼんぼり人形づくり。
まるい光るぼんぼりに貼ったり、描いたり。
出来上がったら、海の中をぷかぷかぷかーり。

カラフルな紙テープにマスキングテープ
カラフルな折り紙に画用紙
いろんな色・形のシールにお目目シール
穴あけパンチもいっぱい
貼るための道具ものりにボンドにセロテープと数種類用意。

あとは、基本、見守る。これが、たくたく堂流。
名づけて 『 丁寧なほったらかし!! 』 (笑)

丁寧な・・・が味噌ね。
人形劇を先に見ていただくことで想像力を刺激し
手を加えられる素材と道具をたくさん並べておくことで
創作意欲を刺激。

すると、こどもたち・・・
2才さん~4年生までみんなが創りこむ創りこむ。

紙をカールさせたり、折り紙で立体的なお花を作ったり
もうねぇ、こだわりが随所に。
そう使うんや。そうなるのね。工夫いっぱい。
子どもたちの発想にはいつも驚かされます。

終わったあとの
「楽しかったー。またやりたい。」の声がうれしくて。
そして、帰る前に、次回のつくってあそぼうにも
申し込んでくれた子どもたちがたくさんいたことが
ありがたくて、幸せで。

また、つくってあそぼうねー。

このぼんぼり人形、5月27日のあかね人形劇まつりで作れますよー。ちぎったり、貼ったり、小さな人もどうぞ。

人形劇に手作り楽器の音あそび、パネルシアターなど盛りだくさん。

家族みんなで1日楽しめますよ~。ぜひぜひー。

詳しくは↓
http://akane-bunkahall.com/event/001617


【5/27 たくたく堂公演・ワークショップ情報 in 滋賀】

滋賀県東近江市のあかね文化ホールで
「あかね人形劇まつり」が開催されます!

親子で楽しめる人形劇まつり。
人形劇に手作り楽器のおとあそび、パネルシアター、手作りおもちゃのワークショップと盛りだくさん。
地元で採れた新鮮野菜に食事やおやつの模擬店も充実。
家族みんなで1日楽しめますよ~。

たくたく堂はおやこふれあい人形劇『お・お・き・く・な・あ・れ!~のこのこ~』の上演と工作ワークショップ『つくってつくってペーパッツ ~ぼんぼり人形をつくろう』で参加します。

=================
「あかね人形劇まつり」

日時:2017年5月27日(日)
時間:10:00~15:00
場所:あかね文化ホール ※無料駐車場あります
                                   料金 前売1000円(1人券) 2500円(3人券) 
                                                                                               当日1200円(1人券) 3000円(3人券)
                                                                                                    ※3歳以上有料
                                                                                              お問い合わせ・チケットの購入はあかね文化ホールまで
                                                                                                    TEL:0748-55-0207 

                                                                                              http://akane-bunkahall.com/event/001617


【子どもNPOはらっぱさんにおじゃま】

下見とご案内兼ねて

5月29日に上演させていただく子どもNPOはらっぱさんと
子育てサークルさくらんぼさんとリトル☆はらっぱさん
にお邪魔してきました。
案内というより小さい人たちに遊んでもらった感じでしたが・・・


ステキなポスターと
飛び出すカード型のかわいいチケット
なんだっけ?ぴよのすけの転がるぴよのすけビッグバージョン
がお出迎え。
はらっぱさんの当日を楽しみに迎える工夫に
小さい人へのあったかい思いがビンビン伝わってきました。


この日、出会った子どもたちも何人か
すでにもう観劇を決めてくださってるそう。
人形劇での再会が楽しみ。

上演前にこうして当日見に来てくださる方に会えること
小さい人向けの公演だと
初めて会う大人というだけでドキドキ緊張しちゃう人もいるから
こういう時間は大切にしたいなぁと思う。
今の私たちたくたく堂だからこそできることでもあるしね。


劇場さんと一緒にお昼を食べながら
いろんなお話を聞かせていただいて
あぁ、こんな素敵な方々と一緒にお仕事ができるんだな
幸せだなぁって。
さぁ、いい公演にしなくっちゃね。
当日が楽しみだわ。


【コーディネート ~ 継続して関わらせている園だからこそ見える姿】

長く関わらせていただいている子ども園さんの
お誕生会での公演のコーディネート。
5月は、人形劇団京芸さんに依頼。
『でこぼこげきじょう』

上演中、園児さんのつぶやきや行動が
いちいちかわいくておもしろくて。


でんでら竜がピーマン食べないとおっきくなれないよ
と子ども母さんに言われるシーン。
「ぼく、おっきいピーマン食べてるし。」
うんうん。A君はピーマン食べてるねんな。
おっきくなるわぁ。

 

でんでら竜が窓から外に落ちたシーン。
Bちゃんがあーっと前のめりに。
口と目、ずーっと大きく空きっぱなし
空を飛んで戻ってきて
やっと口を閉じてホッとした表情に。
無事で良かったね。

これまでは、舞台への興味を抑えられず
立ち上がったり、幕の後ろに入ったり
なかなかじっとしていられなかったC君。
今回は、ニコニコしながら、お席でじっと集中。
すごい、成長!!
継続して関わらせている園だからこそ見える姿。

Cくん、上演後は、でんでら流とタッチして、ハグして。
しかも、タッチする手はでんでら竜と同じ3本指にして。
細かいところまでよく見てたね。

幼稚園や保育園・子ども園・小学校、PTAや保護者会等々
鑑賞会のお取組み、お気軽にご相談ください。
たくたく堂公演はもちろん
ご希望に応じてコーディネートもさせていただきますよ。


【5/19 たくたく堂公演・ワークショップ情報 in 奈良】

奈良のT-seedさんの「みんなであそぼう!!」で

工作ワークショップをさせていただきます。

つくってあそぼう VOL.1
『ぼんぼり人形をつくろう!!』

ぼんぼりシアター「なないろたこのななちゃん」を見て
やさしく光る自分だけのぼんぼり人形をつくろう。
できあがったら、明かりを入れて
青い青い海を大ぼうけん!!

人形劇を 見て、つくって、あそぶ
3拍子そろったたくたく堂のオリジナルワークショップです。

================
■日時:5月19日(土) 午後3:30~5:00

■場所:エコール・マミ南館2階マミホール
奈良県香芝市真美ヶ丘6-10

■対象:小学生・幼児と保護者

■参加費:お子様一人につき300円(同伴の大人は無料です)

■ お申し込みはコチラからどうぞ♪ https://npo-t-seed.jimdo.com/



【子育て支援センターで打合せ】

来年度の公演に向けて
おとなりの町の子育て支援センターで打合せ。

コンパクトな建物だけど
親子連れににとってはあるといいなと思うものが全部そろってる。

木や布のおもちゃがそろった、広々と明るいプレイルーム
落ち着く図書室スペース、砂遊びや水遊びができる中庭もあるし
温水シャワーもあるんだって。
食事スペースに、おむつ替えコーナーに、子どもトイレに
授乳やねんねのお友達のスペースも。
しかもまだ新しい建物でピッカピッカ。

子どもが小さい時、
こんなセンターが近くにあったらきっと入り浸ってたな。

とってもステキな空間で公演がますます楽しみに。
春と冬の2回もよんでいただけることになりました。
ありがたいね。嬉しいね。

【​アートであそぼう ぷれい、ひがしやま!】

春休みの平日
親子で、人形劇あそびなんていかがですか?

10月から定期開催のこのプログラム

子育て中の親子とアーティストが出会うことを通して
クリエイティブなあそびを通して
こんなことできるんだ! 
こんなことするんだ!
我が子に対する新たな発見がうまれたり
見える世界が変わったり
元気になったり
人と人とがつながったり。
いつもの毎日がちょっとちがって見えてくる。
毎月、居合わせる中で、そんな親子の光景を目にしてきました。


そんなプログラムの今期ラスト
たくたく堂がナビゲーターをつとめさせていただきます。


みんなで人形劇を楽しんで
おはなしの世界であそびましょ。
その子なりの観方、楽しみ方でのんびりゆったり。

企画・運営のまいやゆりこさんも青木敦子さんも
子どもとアートにそれぞれの文脈で
丁寧に向き合い続けてこられた方で
だからこその視点が生かされた
大人と子ども、両方がリラックスしながら体験できる居場所になっています。
そんな空間で安心してあそびましょ。

 

[日時] 3月27日 11:00〜11:30 たくたく堂時間 11:30~ ティータイム ※お部屋は13時ごろまで開放してます

[参加費]無料 保護者同伴

[会場] 京都市東山青少年活動センター レッスンスタジオ (2階)

[申し込み]  予約制です。当日朝まで受付。tap3.ws@gmail.com TEL 08097474408
詳しくは https://natsumemaiya.wixsite.com/playin

これまでのつながりから生まれた1歩であり、これからにつながる1歩】

たくたく堂 みのお公演。
私の育った街でもある箕面
いつかこの街で公演したいなぁと思っていたところ
親子で鑑賞を楽しむ会ぽんぽんさんと
市民活動フォーラムみのおさんとの共催で公演が実現。

来てくださったみなさんも
いっしょにつくりあげてくださったみなさんも
みんないい顔して盛り上がって
いろいろ巻き込んだ身としては一安心。
関わって巻き込まれてくださったみなさん
本当にありがとうございました。

なにより、連れてこられた感満載で
「人形劇つまらんし、工作嫌いやし」と
一番後ろの椅子に座っていた小学生のお兄ちゃんが
上演が始まるとどんどん前のめりになてt
気がついたらフロアー席まで下りて見ていて
終演後も人形づくりや人形あそびにはまってなかなか帰らず
極めつけは
「ちょっと面白かったし、またやるんやったら来てあげてもいいで。」って。
もうねぇ、彼のこの言葉が本当に嬉しくて。

この公演は、私にとって
これまでのつながりから生まれた1歩であり
これからにつながる1歩だと強く感じています。
今回で終わりにするんじゃなくって
楽しみながら次につながる形を探っていきたい。
まだまだ伸びしろもいっぱいあるようだし。
がんばろうっと。


【ぴよのすけがいっぱい?!】

アジア激劇フェスティバル

枚方東部おやこ劇場
と登場した顔はめパネル
今度は、箕面に登場です。

 

今週末に上演させていただく

みのお市民活動センターのロビーに
たくたく堂コーナーをつくって
公演に先立って展示して下さっています。

 

小さな子どもが顔を出しやすいサイズ。
ぜひ、ぴよのすけになって写真を撮って
一緒に盛り上がりましょう。

 

====================
◆日時 3月18日(日) 11:00開演

◆会場 みのお市民活動センター
    (みのおキューズモール2階 映画館の向かい)
 
◆参加費:おとな1,000円、こども500円(2歳以下無料)

◆お問合せ・お申込み 
 市民活動フォーラムみのお 072-722-2666 まで

 

↓公演の案内チラシはこちらからどうぞ
http://www.shimink.jp/


【本日初演ー無事に幕を開けました!(^^)!】

今日は、奈良のT-seedさんで

親子ふれあい人形劇第2弾
『お・お・き・く な・あ・れ!~のこのこ~』
を上演させていただきました。

 

去年度、たくたく堂を立ち上げてすぐに
いえ、立ち上げる前から(笑)
お声かけいただいて
『お・お・き・く な・あ・れ!~ぷよん~』
を上演させていただいたT‐seedさん。
上演後すぐに、「来年度もぜひ」と
嬉しいお声かけをいただいて
で、今年度1年たった今日
新作、おおきくなあれの第2弾~のこのこ~をお届け。

 

T-seedさんが1年かけて丁寧に作ってこられた
温かい場の空気のおかげで和やかな公演に。

 

~のこのこ~は
みんなに舞台をより近く感じてほしいから
客席をぐるりと取り囲むように扇形の舞台。
「こっちにも来たねぇ。」
「がんばれー。」「おっきくなったねぇ。」
子どもたちのつぶやきがかわいくて。

 

初演が無事に幕を開けほっ。
主催者さんもいっしょにコーヒーで乾杯!!

 

人形劇屋たくたく堂
本当、観客の皆さんに
チャンスを頂き、育ててもらっていることを
あらためて実感。
幸せだなぁ。感謝だなぁ。おかげさま。

 

さぁ、ブラッシュアップして
ますますはりきっていきますよ。


【たくたく堂 公演情報@箕面】

今週末、箕面でたくたく堂『お・お・き・く な・あ・れ』
を上演させていただきます。

高校生?大学生?の頃から
お世話になっている大好きな方々が中心になって
企画してくださった公演です。


ちいさな子どもたちと大人たちへおくる 
みんながおおきな心になれる ふれあい人形劇
『お・お・き・く な・あ・れ』

終演後、「ころぴよ人形」をつくってあそぶ
ワークショップもやりますよ。


◆日時 3月18日(日) 11:00開演

◆会場 みのお市民活動センター
    (みのおキューズモール2階 映画館の向かい)
◆参加費:おとな1,000円、こども500円(2歳以下無料)

◆お問合せ・お申込み 
 市民活動フォーラムみのお 072-722-2666 まで


人形劇の公演と合わせて
市民活動フォーラムみのおさんによるおさがり服の交換会や
おきらっくするーむまる。さんによる
親子いっしょに体験できるプチ箱庭づくりも
同時開催!!


ぜひぜひ、お越しくださいませ。


【プロジェクションマッピング ワークショップ】

タチョナ×enoco:オヤトコエノコ
「プロジェクションマッピング ワークショップ」
のお手伝い。

 

プロジェクションマッピングワークショップで
小学生から大人までみんなで作った作品を
enocoの建物に投影。

 

みんなで、壁に大きく映し出される作品を見上げる。
道行く人も足を止めてくださって。
めっちゃ、いいやん。
あれ、私が描いてん。
あっ、あれ、ぼく。
道行く人の声を聞いて「あの人、すごいって言ってたなぁ。」
嬉しいつぶやき、会話が生まれる。

 

作る過程も興味深く、おもしろかった。
ある親子に別の親子がかかわって一緒に作ることで
親子の関係性に変化が見られたり
自然と役割分担ができてチームになっていたり。

 

講師の河村先生の説明と
デジカメ固定装置?のクオリティ
短時間での編集作業が見事

 

なんだかんだの1日仕事。
つかれたー。おなかすいたー。
でも、お仕事というには楽しすぎる時間でした。

映像はこちら↓
https://www.facebook.com/enokojimaart/videos/1497139697050400/?hc_ref=ARQTS1IJ-XYXelNPNdS7A7B5sf6brt7pJLK0ezcwNGPDs62ZyWyokhcAfXnD993cgEg&pnref=story


【公演情報『カンカン塔の見はり番』】

業務用音響機器、映像機器メーカーの TOAさんと
子どもとアーティストの出会いさんと
アコーディオン奏者のみーこさんと
人形劇屋たくたく堂とで
タッグを組んで取り組んでいる
音の防災シアター「カンカン塔の見はり番」

避難の際のトリガーとなる「音」にスポットを当て
「人形劇とアコーディオン」という新しいスタイルで
子どもたちに「減災」のためにできることを伝えます。

たくさん原作のこの人形劇
もちろん、勉強勉強はしていません。
命を守る「音」の物語 
ダンサーでもある表現力豊かなアコーディオニストみーこさんと 
ラッパ、シンバル、太鼓といった楽器も使って 
子どもたちにも参加してもらいながら、
どうしたらいいんだろうと一緒に考える
楽しくってためになる
そんな作品に仕上がってます。


この作品、宝塚ソリオホールで行われる
「負けない忘れない3.11 -ここから生まれる未来 びっくり箱Part.8」
で上演させていただきます。

他にも、
影絵や大型人形劇、赤ちゃん向け人形劇、ダルシマーの演奏にピアノと絵本の読み聞かせ、表現あそびワークショップと盛りだくさん。

ぜひぜひお越しくださいませ。

【日時】2018年(平成30年) 3月11日(日) 10:00〜17:00
【会場】宝塚ソリオホール
【チケットの申込・お問い合わせ】
 全児演関西ブロック(人形劇団クラルテ内)06-6685-5601

TOAさんのHPで「カンカン塔の見はり番」 予告編動画 がご覧いただけます↓
http://www.toa.co.jp/mecenat/kkt/

びっくり箱の詳細はこちら↓
https://www.t-clip.info/event/event_detail.cfm?id=3624


【アフリカンワークショップ  ~表現したいことがあって、それが、ある時は音楽になり、ある時は絵になるだけ~】

一般社団法人タチョナによる中学校でのWSに
スタッフとして参加しました。

 

アフリカの音楽、デザイン、ダンスを通して
アフリカを知ろうというワークショップ。
毎回1ジャンルづつ3回の授業で体験。

 

講師は3ジャンルとも南アフリカ出身の同じミュージシャン。
アフリカでは、ミュージシャンが音楽を奏で、絵も描く
それが一般的だそう。
表現したいことがあって
それが、ある時は音楽になり
それが、ある時は絵になるだけで
美術家、音楽家が別の日本の在り方の方に違和感があるって。

 

今回は、2回目
ンデベレという南アフリカの伝統的なデザインのWS。
南アフリカのンデベレの人々は、
色彩感覚が豊かで、とてもおしゃれだそう。
持ってきてくださった絵も
幾何学模様がカラフルでポップでかわいくて。

 

中学生が生み出したデザインもまた
それぞれ個性があふれていてステキでした。
私もやってみたくなりました。


【アジア劇激フェス ご来場ありがとうございました】

2月のメインベントの一つアジア劇激フェス

海外から作品を招くということ
思いもかけぬことが起こるということ
課題も多いフェスでしたが
マンパワーで乗り越え、無事終了!!

楽しかったからいいや
で、終わらしちゃぁいけないんだろうけど
それでもやっぱり、楽しかったー!(^^)!

たくたく堂公演も
当日券が予想以上に出て
にぎやかな公演になりました。
お運びくださったみなさま、ありがとうございました。
椅子を追加したり
つめてもらったりしたものの
お客さまに窮屈な思いをさせてしまい、反省。
観客数を予想するって難しい。
経験値をあげていかなくっちゃ。

それでも、見てくださった方が
嬉しいツイートを上げてくださっていて
一安心。

=============
明石おやこ劇場 on Twitter
@1903sirogt 2月16日
たくたく堂さんの人形劇
ほっこりにっこり😊
とても楽しかったです!
小さな赤ちゃんも少し大きなあれお友達も釘付けでした!

https://twitter.com/1903sirogt/status/964336359941947393

https://twitter.com/1903sirogt/status/964325466411753472

 


【北信越子ども劇場おやこ劇場連絡会の冬のつどい ~2018・2019の企画作品打ち合わせと出会いの交流会に参加】

前日はアジアフェスで公演、翌日は大阪の劇場で公演
参加は無理かーとあきらめかけたものの
調べてみると、終電乗り継いだら日帰り可能。
というわけで一路長野へ。
夏にお会いした方と嬉しい再会。
来年度企画の取り組みがスタート。
丁寧に、楽しく、がっつりと。

 

夏はひたすらに作品の思いを
冬はどうやって届けていくかを
劇場も劇団もよくしゃべる。
雪をも溶かしそうなくらい熱くエネルギーにあふれている。
顔を突き合わせて交流することの大切さを感じる。
子ども・舞台・地域をキーに
こんなにも熱く語れる仲間がいる幸せにひたりつつ
未練を断ち切って途中で退出。

 

公演前の事前交流会で出会った小さな人たちが
そして、初めて出会うお客さまが
枚方の地域公演でたくたく堂を待ってくださっているから。
待っていてくれる人がいることもまたこの上ない幸せ。

私は出会いによって生かされてるなぁと実感。

 

静かに降る雪を眺めながら乗る特急しなのも良かったです。
写真は向かいのホームにいた電車でしなのではないけれど。
翌日は、無事枚方東部おやこ劇場で地域公演。
その話はまたあらためて。

 

 


【2月16・18日 たくたく堂 公演情報】

 

ちいさなこどもたちと 
毎日いっしょうけんめいなママ・パパへおくる
たくたく堂のおやこふれあい人形劇
『お・お・き・く な・あ・れ!』

小さな人たちの人形劇というと
うちの子じっとしてなくってとか、
うちの子静かにできなくって
といった声を聴きます。

でも、子どもたちのその反応って当たり前の反応だし
もっと言うと、とってもステキな観方だと思うの。

うちの子たちも小さい時はそんな感じだった。
小さい人たちは、
こころとからだの距離が近いんじゃないかしらん。
こころとからだがつながってるからこその観方なんよね、きっと。

「おおきくなあれ」でも客席で跳び跳ねちゃった子がいたけれど、それは心が弾んで、体も一緒になって思わず弾んじゃったんだと思うの。

舞台上のももこちゃんがぐるぐるできたら立ち上がって、
すごいねすごいねって拍手してた子もいたっけ。
それは、共感する力が育ってるってことよね。

へびみたいな人形が出てきたときには、あわててお母さんのところに戻った子も。
浅野先生もおっしゃってらしたように
大人だって、悲しかったり、寂しかったり、ドキッとしたり、心がそわそわして、 いてもたってもいられないってことあるじゃない。
子どもはそれがからだに現れて表出してくるだけ。

思わず立ち上がっちゃったり
思わず近づいちゃったり
思わずさわっちゃったり
それは集中して見ているからこそ。
それが子どもの観方だと思うん。
そんな観方があってもいいじゃない。

「おおきくなあれ」というタイトルには
子どもたちの成長を願う思いもあるけれど
子どもたちを取り巻く大人も
おおきな心になれるといいなぁって
そんな思いが込められています。

だから、
うちの子落ち着きないから・・・
じっとしてられないから・・・
そんな心配はいりません。
そんな子どもたちの心と体の動きも含めて
客席にいるパパもママもおじいちゃんもおばあちゃんも
みんなで大きな心で楽しみましょう。

================
『お・お・き・く な・あ・れ』公演情報

☆アジア激劇フェスティバル
2月16日 11時30分~
神戸市立灘区民ホールにて
お問合せ・申込は灘区民ホール 078-802-8555まで
詳しくはこちら↓
buff.ly/2G0RQkq

☆枚方東部おやこ劇場地域お知らせ公演
2月18日 10時45分~
津田生涯学習市民センターにて
申込は枚方東部おやこ劇場 072-896-0901まで
詳しくはこちら↓
https://www.facebook.com/events/151075645550374/

 

どちらの公演も上演後
劇に登場したころぴよ人形を作る工作WSもあります。
申込受付中。
ぜひぜひ、お運びくださいませ。


【アジア激劇フェスティバルinなだ】

2月16日・17日に、子どもとおとなが一緒に楽しめる国際的な演劇フェスティバル「アジア激劇フェスティバルinなだ 」を灘区民ホールで開催します。

 

韓国からは音楽劇「鳥の物語」

マレーシアからは映像と演奏のコラボ「宇宙時代」
中国からはノンバーバルの舞台劇「三人の和尚」
日本の作品も、狂言、人形劇、紙切り、ダンス
0歳から参加できるプログラムも!
工作やガラスに絵を描くワークショップ
アジアの食を楽しめるアジア食堂
展示ギャラリーetc・・・
盛り沢山の2日間

 

たくたく堂は『お・お・き・く な・あ・れ!』を上演します。

 

多様な文化・芸術に触れることができるこのフェスティバル

おすすめです。

 

ぜひぜひ、お誘いあわせの上お越しくださいませ。

 

お問合せ・お申込み 灘区民ホールTEL.078-802-8555まで


【学校であそびこむ 観客参加型謎解き人形劇~会場は小学校!!】

今月末に開催する
「あっちこっちシアター」の打ち合わせと会場下見。

あっちこっちシアターは
観客参加型謎解き人形劇!
参加者はオープニングの劇を見た後
劇中に出された課題を解くヒントを探すため
会場内をあちこち周遊。
今回の会場は小学校。

内容を大まかにお話した後
会場となる小学校の中を下見。
先生も鍵の束をもって一緒に校内をウロウロ。
ここ空けましょうか?
そこ、見てみます?
この教室、使っていいですよ。
あの教室もOKです。
こちらもどうぞ。

継続して会長を続けてこられたPTA会長さんが
学校との信頼関係を築いてこられたおかげでしょう。
学校がとても協力的でとてもスムーズ。

このあたりも面白いですよね。
あそこにこんな風にするのもありですね。
しだいに、会長さんも先生も
おもしろいヒントの隠し場所を探す目に。
なんて、ステキな先生たち!!

これまで、
宿泊施設であるログハウスをを1棟借り切ってとか
ショッピングモールとか
子育て支援センターのフロアーを全部使ってとか
いろいろやってきたけど
学校は初めて。

ふだん勉強している学校を舞台に
思いっきりあそびこむ。
さぁ、どんな仕掛けを仕込もうか。
ワクワクだらけ。


【子どもにはその子なりの参加の仕方があって、周りの大人がそれを認め受けとめたら、みんなが楽チン、ご機嫌に楽しめるんだな】

18日にある地域お知らせ公演の事前交流会で
枚方東部おやこ劇場さんのピッピの会にあそびに行きました。

あそびに行くといっても
どんなことが好きなのか?
どんな盛り上がり方をするのか?
会ってみるまで、あそんでみるまでわからない
初めて出会う小さな人たち
(あっ、何人かお久しぶりーのお友達もいたけれど) 
なので、
いろんな種類のたくさんの工作とあそびの素材
をもっていきました。

あそびの素材っていったって、
何も特別なものではなくって
風船やらまん丸スポンジやら
おっきなダンボール やら紙やら
発想次第でなんにでもなるものたち。

子どもたちによって生み出された
かわいいころぴよ人形が
坂道をコロコロしたり
山?を登ったり
野原?で草を食べたり
電車にも乗ったり。

ショート劇場では舞台だったダンボールが
子どもたちの豊かな発想力で
山になり、芝生になり
トンネルになり、扉になり
電車になり、キャタピラになり
どんどん遊びが展開。
子どもたち、本当いい表情でした。

たくさんが子どもたちと遊んでいる間
私は、遊びつつ、お母さんとお話。

うちの子集中できなくて
すぐに飽きてしまって
と問わず語りにお話してくれたお母さん。
ずーっとお母さんから離れて
自由に集中して遊び込んでいるお子さんの姿に
戸惑いつつ、ニコニコで
人形劇もつれていけそう!(^^)! って。

ピッピの会の担当の方は
いつもは子どもがすぐに工作に飽きちゃって
気がついたらみんな親が作ってる。
誰の会やねんってなるんだけど
今日は子どもたちがずっと集中して作っていて驚きましたって。

何も特別なことをしたわけじゃなくって
危険なこと以外はタブーなしで
子どもたちの思いつきや行動をぜーんぶ
興味・関心・意欲の表れとして
あそびとして楽しんだだけ。

子どもにはその子なりの参加の仕方があって
周りの大人がそれを認め受けとめたら
みんなが楽チン、ご機嫌に楽しめるんよね。

あぁ、楽しかった。
あそんでくれてありがとう。
18日の公演がますます楽しみに。

Lei cafeさんのレンコンカレーもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

===============
人形劇屋たくたく堂『お・お・き・く な・あ・れ!』
2月18日 10時45分~
津田生涯学習市民センターにて
申込は枚方東部おやこ劇場 072-896-0901まで

詳しくはこちら↓
https://www.facebook.com/events/151075645550374/


【明けましておめでとうございます】

明けましておめでとうございます🎍

2017年は劇団立ち上げ一年目。
すべてが手さぐり初めて尽くし
文字通り突っ走った感のある一年でした。
たくさんの方々に応援いただき
お世話になりました。
新しい出会いもいっぱいで
あれもこれも楽しくて。

ありがとうございました。
感謝です。おかげさま。

2018年もたくさんの方と出会えますように。 
みなさま、今年もどうぞ宜しくお願いします。

【コーディネート:今年最初のクリスマス会はモンブランさんと】

この仕事をしているとクリスマス会にたくさん参加します。

今年最初のクリスマス会は近江八幡市民クリスマス会。

仕事で出会って、
今では家族の年賀状もやり取りする関係のご夫婦が、
たくたく堂を立ち
上げると聞いたその時から決めていたんだ
とお声かけくださって。

ただ、残念ながらたくたく堂はまだホール作品をもっていなかったので、
代わりにコーデ
ィネートさせていただくことに。
観客の年齢層や主催者さんのご希望を聞いて
マジシャンのモンブランモンブランさんをご紹介。

このクリスマス会、
おじいちゃん、おばあちゃんと、お父さんお母さん、子ども
という3世代で参加のご家族
も多くて。

モンブランさんが繰り出すマジックの数々に
小さい人からおじいちゃん・おばあちゃんまで
びっくりしたり、首をかしげたり、息をのんだり、
歓声上げたり、拍手したり、大笑いし
たり
「マジックやってみたい人」「お手伝いしてくれる人」
というモンちゃんの呼びかけにも
はいはいはいとたくさんの手が上がって
会場わきっぱなしの大盛り上がり。

今年、同じように団体を立上げたマジックビスケットさんとたくたく堂。
夫がキャストで妻がスタッフというのも同じ。
初めての劇団あるあるで親近感がさらに増し
にぎやかなクリスマス会が終わった後
お互い頑張りましょうと握手でお別れ。

お声かけくださったご家族に
またまたお誘いいただいて夕飯もご一緒に。
あぁ、楽しい1日でした。

お客さんはもちろん、主催者さんも出演者さんもみんな笑顔。
コーディネーターとして、
いい仕事させていただけたんじゃないかしらん。
お世話になったみなさま、ありがとうございました。

さぁ、今週末もクリスマス会。
今度はたくたく堂が出演です。


【たくたく堂初めての鳥取ツアー】

こども未来ネットワークさんのコーディネートで
鳥取県内各地で公演させていただきました。
前半は、たくさんが一人で、後半は、私もいっしょに。

幼稚園さんの合同鑑賞だったり
こども園さんでの公演だったり
様々な立場の方が関わっている地域団体さんだったり
駅の構内に会場があったり 
主催も会場もいろいろ。

親子3世代で来てくださっていたり
手をつないで仲良く来た男の子二人組
兄弟かと思ったら従弟同志だったり
上の子もこの会で人形劇を見たから
この子にもここで見せようと決めていたと
ベビーちゃんを連れてきてくださっていたり
客席もいろいろ。
各地でいろんな出会いがあり、とても楽しいツアーになりました。

小さな男の子の双子ちゃんを連れたお母さんが
「二人ともが集中して、楽しそうで、久々にゆったりできました」
って、おだやかな笑顔。
ふだんは家でもお子さん4人で落ち着かないんですって。


お母さんにしがみついて舞台に背を向けていた女の子の体が
どんどん開いてきて
終わるころには舞台の方向に顔を向けて
背中をお母さんにあずけて
安心しきった表情で舞台を見ていたり。
会場があったかいほっこりした空気で包まれていました。

子どもとの心のふれあいを感じながら
ちょうどよい距離感で作品に出会う
そんな空間・時間を創りたくて。
でも、それは、私たちだけで創れることではなくって。
どの会場にもこども未来ネットワークの方がついてくださって
きめ細やかにサポートしていただいたおかげで
安心して上演させていただきました。


今回のツアーは
ご紹介してくださった方がいて
コーディネートしてくださった方がいて
主催者さんがいて
大勢の方が関わってくださって実現したこと。
心より感謝しています。
ありがとうございました。


【保護者会行事もお任せください ~ それいけ!! ペーパッツ!! 】

この連休は子ども園の保護者会の方にお声かけいただき、
クラフトにんぎょうげき
『それいけ!! ペーパッツ』上演。

 

実は、この子ども園
子どもたちがお世話になった園でもあって
我が家の子どもたちの同級生の妹弟さんも多くって
客席には知っているお顔がいっぱい。
ご夫婦で来てくださった方もたくさん。
とても楽しく上演させていただきました。

 

たくさんが持つ「たくさん人形」に子どもたちもう夢中。
最初っから大盛り上がり。
上演中も、こっちー、うしろー、知ってるー
客席から参加しながら笑顔満開。
うしろで見ていた保護者の方もニコニコ顔。

 

実は、この子ども園←2回目
今月のお誕生会に園主催でもお呼ばれしていて。
なので、今回は、ふじぐみさん向け特別バージョン。
お誕生会で上演する人形劇のお話しのその前のお話
を上演させていただきました。
あっ、ところどころ瓦が落ちてたり、
看板がついていないのはお誕生会への伏線ね。

お誕生日会での上演がますます楽しみに。


今回、お声かけくださった保護者の方は、

みんな働くお父さん・お母さん。
お忙しい中、ありがとうございました。

 

たくたく堂では
保護者会の役にあたっ(てしまっ)た方が
楽しく、気軽に、保護者会行事を実施できるよう
喜んでお手伝いさせていただきますよ。
なんせ、私たち自身、我が子の保育園や学校で
役員の酸いも甘いも(笑) 経験済みですから。
お気軽にお声かけくださいませ。
どうせやらなくちゃいけない役なら楽しくやりましょ。


【TOA 音の防災シアター 人形劇「カンカン塔のみはりばん」】


西宮の育成センタ―(学童保育)さんで公演。

運動会の代休。午前中は、雨
室内で過ごした元気ありあまる子どもたちが
お昼ご飯を食べ終え、会場:小学校の多目的室へ。
会場に入る前からもう元気な声が聞こえる。

いざ、人形劇が始まると・・・
子どもたちの素直な反応がかわいくて、楽しくて。


お父さんの代わりに見はり番をつとめることになったベル君
カンカン塔のてっぺんから
張り切って望遠鏡でムラの様子を覗くと
客席の子どもたちがベル君に向かって
手を振ったり、ピースしたり、変顔したり。


そうは言っても、災いはしょっちゅうは起こらなくて

張り切っていたベル君も、ついウトウトZzz・・・
と、すかさず子どもたち
その後の展開が変わってしまうくらいの勢いで 
起きてー、寝たらあかん、ダメー
必死になってべル君を起こしてくれて。


オオカミが来た(かもしれない)シーンでは

思わず、お友達の背中に隠れる子も。
びびりつつも
手拍子したり、足を踏み鳴らしたり
大きな声を出したり、シンバル叩いたり
思い思いに大きな音を立てて
ベル君といっしょに村の人に危険を知らせる
お手伝いもしてくれました。


ノリの良い子どもたちのおかげで
最高に盛り上がるステージになりました。


楽しみながら防災について考える。
普段と異なる音が聴こえてきたとき、
「何を報せる音?」と耳を傾け、
「自分はどうする?」と考え、行動すること。
災害の被害を少しでも減らす「減災」につなげたい。
そうしたきっかけに
この人形劇がなっていたら嬉しいな。

 

 


【つくってあそぼう ぱっくんにんぎょう 】


 

みんなのきこども園さんの子育て応援事業
「こらぶれーしょん みんなのきへ遊びにおいDay!」
工作ワークショップをさせていただきました。

 

『つくってあそぼう ぱっくんにんぎょう』 

 

おくちをあけてぱっくん。
あんなものもこんなものもぱっくん。
基本のパーツに貼ったり、描いたり・・・

工夫次第でいろんな人形ができちゃうよ! 
自分だけのオリジナル「ぱっくんにんぎょう」
作ってあーそぼ!!


土曜日の朝9時という早いオープンにもかかわらず
スタートすると同時にたくさんの親子さんが来てくださって
予想をはるかに超える参加者で、嬉しい誤算、嬉しい悲鳴。

折角来てくださったのに、
材料が足りず、
急きょ準備の別材料で人形を作ることになった親子さん

簡単な作業でつくれるはずが、
追加分の下準備作業が間に合わず、
細かなカット、組み立て作業を任せてしまった親子さん
etc・・・
申しわけございませんでした。

 

想定外の参加者に場を見て、
追加分の準備を自ら買って出て手伝ってくださった友達、先生方

ありがとうございました。
とても頼もしく、とてもありがたく、とても嬉しかったです。

 

ゆるりと開催の予定が大盛況でバタバタしましたが
たくさんの人形と物語が生まれ
たくさんの笑顔に出会い
ステキな時間を過ごさせていただきました。
ありがとうざございました。



【たくたく堂の夏 2017前半】

すっかり間があいてしまったこのブログ

夏前半は
奈良や青森や長野や京都や大阪・・・各地で
観客参加型人形劇「大魔王あっちこっちドッチとまほうのまち」やら親子さん向け人形劇「お・お・き・く な・あ・れ!!」やら
人形づくりワークショップ「つくってあそぼうコロピヨ人形」やら夏休みの子どもたちとたくさんあそんできました。

 

各地でお世話になったみなさま、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

整理しておきたいこと、残しておきたいこと、いっぱいありますが、まずは写真で振り返り。


【みんなが目撃者 ~小さい人たちのもつ力~】

 

『お・お・き・く な・あ・れ』を見て下さった方が共通しておっしゃることがあります。

 

「一作目の最後に、風船がたくさん出てきて子どもたちは大喜び。でも2作目はどうなるの?と思っていた(感想より)」って。

『おおきくなあれ』には2つのおはなしがあって、1作品目はふうせんのお人形が主人公で、
最後に、みんなもあそぼうってたっくさんのふうせんを客席に降らします。
このシーンで子どもたち大喜び。
大人の皆さんは、そんな小さな人たちの様子をほほえましく眺めつつ
こんだけ散らかしてどう収拾をつけるんだろうって心配してくださるんですね。
もう1作品、後に控えていますから。

 

でも、大人の心配をよそに、小さな人たちは、ふうせんをすんなりと返してくれるんです。
「次への転換もふんわりスムーズ、子どもたちは「あとでね〜」と風船をきちんとお片づけ。えらいね。
(感想より)
「2作目はどうなるの?と思っていたら、子どもたちしっかり後片付けしていましたよ。」
あとでまた遊べるとわかっていると子どもたち、しっかり後片付けできるんですよね。

 

小さな人たちは、大人が思っている以上にしっかりと話を聞いていて、どうすべきかきちんと考えている。
そして、見通しをもって行動できる。

 

 会場にいた大人みんなが目撃者。
『お・お・き・く な・あ・れ』という作品を通して小さな人たちに対する新しい発見がいっぱい、世界が広がる感じです。

 

 

 

【ワクワクいっぱいつまってる】

 

おやこ劇場の企画作品パンフと実務資料が届く。
東京行って、面談して
たくたく堂も無事掲載していただきました。


たくたく堂のページを確認するつもりが・・・
こんなんがあるんや
あっ、これおもしろそう
わっ、これ見てみたい
他団体のページにワクワク。

 

ぶあつーいパンフに
ワクワクがいっぱいつまってる。

ステキな出会いにつながりますように。

【へび~?! いえいえ、ステキなじゃばらアルバム!!】

先日、公演させていただいた主催者の方が

とってもステキなプレゼントを届けてくださいました。

かわいい表紙をあけると
当日の写真とご覧くださっていた親子さんの声が
どんどん出てくるじゃばらアルバム
なが~いへびみたい
いい表情と嬉しい声がいっぱいつまっていました。

✿風船にシール(目)をつけただけでお話ができることに驚きました。
✿立体絵本を見ているようでした。
✿前で劇をするだけでなく、客席の方にも来てくれたのが良かったです。
✿「びよ~ん」など擬音が多くて子どもが喜んでました。
✿たくさんの声が最高!!
✿ちゃんと見れるか心配でしたが、子どもが喜んでいたので参加して良かったです。
✿へびがよかった~~😊
✿今まで見た人形劇の中で、一番集中して見てました。
✿風船で遊んでいる時、ぴよのすけを作っている時、一人一人に声をかけてくれて嬉しかったです。 etc・・・


嬉しいなぁ。
ありがたいなぁ。
幸せだなぁ。
大切な宝物💛

この主催者ファミリーサポートセンターのみなさんは
普段から親子さんと日々を重ねてらっしゃるので、
親子さんを見る目があったかくて、愛にあふれてて。
とてもいい雰囲気の中で公演させて頂きました。

お声かけくださったセンターのみなさん
市の子育て支援課の方々
お越しくださった子ども達、お母さん、おばあちゃん、昼間里親さん
ありがとうございました。

【見せ方・魅せ方・職業病】

娘の部活がオフで久々の家族時間

三重県は伊賀までドライブ

忍者屋敷と伊賀上野城へ。
伊賀城って石垣が美しいのね。
忍者屋敷のからくりには、へぇ~、ほぉ~っと感心しまくり。
忍者ショーは迫力満点。
観客をステージにあげるシーンがあったり
そうくるかという効果なんかも使われていて
お客さんのノセ方、惹き付け方も見事で。

このあたり、見せ方、魅せ方を
つい、観察、分析してしまうのは職業病やなぁ(笑)

【こころが弾む からだが弾む】

『お・お・き・く な・あ・れ』の公演より

子育て支援にも携わってらっしゃる担当者さんが伝えてくださったエピソード。


午前中、別作品の会場で、人形劇が始まってもソワソワザワザワ、立ち上がったり、ウロウロしたり、ちっとも集中してくれなくてと

途中で出てきてしまった親子さんがいたそう。
役者さんのじゃましちゃって、他のお客さんに迷惑かけちゃってと、お母さんの方が泣きそうな顔だったとのこと。

そんな親子さんがたくたく堂の『おおきくなあれ』は最後まで見終わってから笑顔で出てきたって。

あの親子さんにとって人形劇まつりがイヤな思い出だけにならずにすんだわ。
良かったねぇ。ありがとうねぇ。って。

このエピソード、とっても嬉しくて。ありがとうと言いたいのは私たちの方。


じゃぁ、『おおきくなあれ』ではそのお子さんはじっと座って集中して見てたかというと、実はそういうわけではなくって。

やっぱり、そのお子さんはウロウロしてたし、立ち上がったりもしてたん。

違ったのは、そのお子さんを他のお客さまも一緒になって温かく見守って下さったこと。


彼がウロウロしてたのは舞台上のあれやこれやが気になって近くで見たかったからで

跳び跳ねてたのは、心が弾んで、体も一緒になって弾んじゃったんだよね。
きっと。
彼なりに見てい、感じてたんやと思うん。彼なりの集中やと思うん。

うちの子たちも小さい時はそんな感じだった。

小さい人たちは、こころとからだの距離が近いんやよね。
こころとからだがつながってるからこその見方なんじゃないかな。

そんな見方があってもいいじゃない。そんな見方を保証してあげたいなぁって。

そんな私たちの思いを客席のみんなが受け止めて、
大きなこころで我が子もよその子も一緒になって見守り、包み込んでくださったからこそ。


「おおきくなあれ」とタイトルには子どもたちの成長を願う思いもあるけれど

子どもたちを取り巻く大人もおおきな心になれるといいなぁって。
わたしもおおきなこころでありたいなぁって。
そんな思いが込められてるん。

『おおきくなあれ』は私たちにとっても初めての試みがいっぱいのまだまだ試行錯誤の作品。

人形劇から始まる集中と心地よいザワザワとをいかに両立させるか
まだまだ課題はいっぱいだけど、上演する度に気づきがある作品
真摯に向かい合って磨いていきます。

【つくってころころ ころぴよ人形】

人形工作ワークショップ・ころぴよ人形のおめめシールが出来上がってきました。作る人によっていろんな顔ができるはずなのですが、はてさてどんな顔になるのか、みなさんのアイディアを楽しみにしています。

 

工作ワークショップ紹介コーナーの写真も新たにアップしましたのでどうぞご覧ください。

【2018企画より 劇場企画作品に提出】

このところ、何人かの方から同じ質問をいただいたのでご報告。

たくたく堂、 2018企画より 劇場企画作品に提出させていただきます。2018企画の実務とパンフの説明会&新規の提出希望団体の面談 に参加。無事、2018企画より 提出させていただけることになりました。

 

説明会&面談の前日に娘の小学校の卒業を祝う会があって

それが終わってからの移動
正直、東京まで行くの大変だなぁと思いつつ・・・

でも
かかし座では関西限定キャラ?!のような働き方で
かかし座としてはお世話になっているけど
お名前はよく存じあげているけど
私自身はお会いしたことのない劇場の方々に会えるということで
それに、 芸能花伝舎訪問も初めてで
実は、ちょっとワクワクしてたりもして。

説明会場ではお会いしたかった方々に会えて
1月に九州でお会いした方とも再会して
いっしょにランチ。
ライフヒストリーなんかも聞いちゃって
あぁ楽しかった。

メインの目的達成した後は
折角東京来たんだからと
関西で出会ったKnee High Media Japanさん


関西で出会ったKnee High Media Japanさんに会いに。
ステキな空間で、ワクワクするお話。

久々の東京
出会いいっぱい、刺激いっぱい。
エネルギー満タン。

 

新規提出団体
初心にかえって、丁寧に作品づくり
楽しみつつ、がんばろうっと。

【疑問符が浮かぶ】

なんだっけ?ぴよのすけのクエスチョンマークを

立体にしてみました。

 

平面に比べて作るのに4倍(当社比)面倒…

じゃあ、なんで立体にしたかって?

 

んー、なんでだろう?

なんかおもしろそうだから、じゃ理由にならんかなぁ。

 

なんで人形劇屋なのか?

なんでブタの人形なのか?

なんで「?」をつくるのか?

 

みんなに納得してもらえる説明、できるんだろうか?

カンカン塔のみはり番

TOA(株)さん・NPO法人 子どもとアーティストの出会いの

みなさんと一緒に作った

防災と音をテーマにした人形劇

『カンカン塔のみはりばん』の特設ページが公開されました。

 

http://www.toa.co.jp/mecenat/kkt/

 

「どれどれ? どこにあるの?」

残念、望遠鏡では見つかりません、ベルくん!

パソコンとかスマホとかで覗いてみてね!

福わらい

工作に使う目のパーツを開発中。

 

たとえば、工作で「自由に描いていいよ!」

と言われても、

「わたし絵下手だから…」

「何描いていいかわからん!」

としりごみしちゃうってこと、ないですか?

というか、僕はそんなタイプの子でしたよ。

 

「そんなあなたでも、この『おちゃ目シール』を使えば

福笑い気分でかわいい人形が出来ること間違いなし!」

てなキャッチフレーズを先に思いついて

作ってみた試作ですが果たして…

 

【掃き溜めと鶴】

依頼されて作りました鶴の紙人形です。

 

作業をしていると机の上のみならず

あらゆるスペースが材料やら道具やらゴミくずやら

いろんなもので埋まっていってしまいます。

 

いろんなものが手に届くところにある、という利点と

肝心なときに必要なものが見つからない、という欠点と

どっちを大事にしたもんかな、というジレンマです…

 

こういう作る系の仕事に限らず、

モノが増えていく、ということは

生きていれば自然とそうなる宿命みたいなものなんだろうけど、

それに抗ってなるべくシンプルに生きていきたい

鶴のひとりごと。

 

 

 

かぶりつきたい

3月の公演たちのひとこまです。取り組んでくださったみなさん、ありがとう。

「ぷわぷわぷよーん」ってやってると、ちいさいこどものみなさんが、「ちかくでみたい」「さわってみたい」という気持ちがおさえられなくて寄ってくるの。 その気持ち、とてもよくわかる! 舞台との距離が心の距離、なんだよね、きっと。そんなみんなの好奇心に応えられますように。

大きな木の下で

写真撮影の1コマ、

「はじめてのおきゃくさん」あーちゃんと

たくたく堂のおかみさん、あみさんとの2ショット。

 

人形劇屋さんのお仕事の中で、

人形を作ったり、人形劇をしたりというのが

わかりやすい「表舞台」に出るお仕事。

で、それは店主のおじさんがやってます。

 

たくたく堂のおかみさんは

表舞台には出てこないんだけど、

打合せとか舞台コーディネートとか、

お客さんと舞台をつなぐ、大事なお仕事をしています。

 

大きな立派な木も、

見えない地面の下では大きな根っこが支えている、なのだ。

 

ぴよだらけ

集え、きょうだいたち!

ぴよ~ ぴよ~ ぴよ~

 

さて、こっちは転がるぴよのすけの工作の試作品です。

工作ワークショップと一言でくくっても、

たとえば少ない時間で楽しめるものにするのか、

じっくりアイディアをひねってオリジナル作品を作るのか、

はたまた遊ぶ時間を重視するのか、

いろいろなパターンがあって、

それぞれにどう対応するか考えどころ!

 

この転がるぴよのすけも、

こんなほぼ完成にするのかぬりえにするのか、はたまた

もう真っ白けの紙だけ用意して、さて何にする?! ってやるのか、

まあ、何でもドンと来い! って感じです。

 

まわりまわってぴよのすけ

企画作品一覧に、工作ワークショップ

つくって! まわして! おさらまわし」を追加しました。

 

人形劇屋なのに、なぜお皿回しかって?

それは…

なんだっけ?ぴよのすけはよく転がる→

回るぴよのすけ→

ぴよのすけが皿回しみたいになったらおもしろいなぁ。→

じゃあ作っちゃおう。

 

という感じで、新しいコト、やっちゃいまーす。

 

あっちこっち、どっち?

3月5日 あっちこっちシアター 街角上演中の様子です。

 

合言葉はグッドラック!

子どもたちは街中を文字通りあっちこっちと歩き回って

ミッションに挑んでくれました。

 

参加してくれた子どもたち、

一緒になって見守ってくれたおうちの方とスタッフさんたち、

街に隠れた魔法の世界の住人のみなさま、

みんなにありがとう、グッドラック!

ひかりのりゅう

照明効果の確認中。

 

大人数の劇団ならともかく、たくたく堂みたいな小さな劇団では、役も舞台転換も照明・音響オペレーションなにもかも人手が足りなーい、との戦いです。

 

そこでいろいろ工夫をして足りないところをなんとか補っていくのですが…

 

今回はやっぱり「魔法」だもんな、なんか「魔法」っぽくみせないとな、

ということで、新しいLEDの照明にお出ましいただきました。

主人公のダイス君がみんなと一緒に呪文を唱えると、

神々しい竜が現れる…というシーンです。

 

といっても、これ、誰が操作するんだ?! うーん、課題は続く。

 

まほうつかいぼしゅうのおしらせ

いよいよ来週末、

宝塚ソリオホールにて上演

くわしくはこちら

 

あっちこっちシアター

「大魔王あっちこっちドッチとまほうのまち」

 

どんな作品かって?

 

なかなか説明しづらいですが、一言で言うと

人形劇となぞときラリーをくっつけた、

観客参加型のエンターテインメント!

って感じです。

 

ということで、

実際のお話の中で使う

「魔法のサイコロ」を使った

なぞときの練習クエスチョン、つくってみました。

 

頭の中だけで考えるとちょっとむずかしいかな?

そんな人は、魔法のサイコロを組み立てれば大丈夫!

え? めんどくさい?

 

そんな人は、当日会場にお越しください。

サイコロと答えを用意してありますよ!

ダイスくんの旅立ち

あっちこっちシアターの主人公、

サイコロ王国の見習い魔法使いダイスくん。

タカラヅカの街を守るため、

仲間のプップと旅立ちます。

そして出会ったこの後姿は…ソリオホールでおなじみのあの?!

 

あっちこっちシアターは、

上演する街に合わせたスペシャルバージョン!

 

スペシャルな人形やクエスチョンで、参加者たちの挑戦をお待ちしています。

無事エンディングを迎えられるかは、

みんなの知恵と決断、そして運にかかっている?!

3月5日、ソリオホール「あっちこっちシアター 大魔王あっちこっちドッチとまほうのまち」

参加者募集中です!

生まれたぴよー

先日の幼稚園の様子です。

ぴよのすけが生まれた瞬間、ぴよー!

 

人形劇を演じるときに大切なことの一つは

人形に任せて演者は落ち着くことなんですが、

生まれる瞬間を見つめる黒い瞳がいっぱいで、

おじさんも舞い上がっちゃったよ、ぴゃー!

 

みなさんたくさんたくさん楽しんでくれてありがとう!

おじさんも精一杯楽しみました! また呼んでね!

あっちこっちシアター

新コンテンツの作成が始まっています。

サイコロの形をした、幸運をつかさどる魔法使いの人形です。

 

負けない・忘れない3.11-

ここから生まれる未来 びっくり箱 Part.7

 

参加者が街をあっちこっちまわりながら、

問われる選択肢にあっちかこっちか頭を悩ませ、

それによって物語の行方はあっちにもこっちにも転がっていく。

その名もあっちこっちシアター!

 

というコンテンツを作るという課題を、

リアルにあっちこっち頭を悩ませながら解いている最中です。

 

こころのき


大きな紙に大きな気持ちで大きな木を描こう。

誰かに出会う度、すくすくのびる大きな木。

ちいさくなあれ!

ぴよのすけのこども?!

ではなくて、ミニチュアです。

 

ミニチュアの人形のことを人形劇界用語で「トオミ」といいます。

(劇団によってちがうかも)

遠くに小さく見える人形、ということで「遠見」。

 

ただ、小さい子には「遠近感」という概念があまりないため、

ただ単に「ちっちゃくなった!」と言われることもままあります。

 

ちなみに工作ワークショップでみんなにつくってもらうのが

まさしくこのミニチュアサイズ、物になる予定!

もちろん、この子もころころ転がりますよ。

生まれたてですが

ぴよのすけと戯れるミミズの人形が必要になりまして

急遽つくっちゃいました。

 

ひらもの(平らな人形)ですが、

着色したクラフトバンドのパーツを関節でつなげて

みみずっぽくうねうね動くようにしてあります。

 

片手で動かそうとしたら指がつりそうになりました。

ボケ防止にはいいエクササイズですね。

 

にしても、こりゃ四面楚歌。

発散と収束

アイディアから何かを創り出す頭の中の作業は、

部屋が散らかる現象によく似ています。

 

アイディアの種から、一見役に立たなさそうなものまで、

手の届くところに並べて考えながら、

途中に思いついたことを形にするために

さらに仕舞っていた知識やら経験やらをひっぱりだして

組み立てていく作業の間、

「片付ける」なんて発想が入り込む隙間はないんです。

気がついたらこんな状態。

 

あー、でもそろそろ片付けないとなー。

 

タイムカプセル

工房の隅には蓋つきの段ボール箱がころがっていて、

時々その蓋が開いては、

中に何か放り込まれたり、

かき回されて取り出されたりしています。

 

試しに作ったもの、

作ったのはいいけれども必要がなくなったもの、

大きさを間違ったり、気に入らなかったもの。

 

けれども、かろうじてゴミ箱行きを免れたものたちが、

この箱の中でそっと息を潜めて次の出番を待っているのです。

 

 

幸せの黄色い髪

「なんかいっぱい吊るしてある!

なんだろなー。」

 

「これ?

これはね、人形の髪の毛にしようと思ってね。」

 

「ぼくの?」

 

「んー、じゃあ、ちょっと想像してみようっか?」

 

「たぶん、似合わない。」

 

ぶたもおだてりゃ

たくたく堂のロゴにもなっている

こぶたくん、懸垂中。

名前をとんとんくんといいます。

ちなみになんでぶたなの? ときかれますが、

たくたく堂は漢字で琢拓堂。

この「琢」の字が「豚」に似ているからです(笑)。

 

てのひらに磁石を仕込んでみたので、

いろんなものがもてたり、ぶらさがれたりします。

 

「ぼくもうだめだよぅ、おろしてよぅ」

乾くまでもうちょっとそのままでいてくだされ。